トップ >> 賃貸と法律についての事

不動産物件での、賃貸について

賃貸は、法律上その当事者の一方が目的物の使用及び収益をその相手方にさせることを約し、相手方がこれに対してその際の賃料を支払うことを約してはじめてその効力が成立する契約です。そして目的物が不動産の場合には、当事者のうちでそれについての登記を確定日付入りで先にした方が対抗要件を備えることになります。ただし、当事者のうち貸主側にはその貸した不動産についての使用や収益での必要な修繕を行う義務が法律上生じます。他の契約と同じように、不動産の賃貸借契約でも借主側と貸主側双方の権限の平等が法律上要求されます。

マンスリー賃貸の利用者について

マンスリーの賃貸物件を利用する方はどのような方が多いのでしょうか。短期間での契約ですが、需要はたくさんあります。短期間の転勤や出張で訪れる方が利用する場合が多いです。短期間の場合には、ホテルに宿泊する方が多いのですが、それでは費用がかかりすぎてしまう場合もあります。しかしマンスリーの賃貸物件を契約する事によって、経費を抑える事ができるのです。これは非常に大きなメリットになります。このように一般の方の中ではあまり需要がありませんが、特別な場合に需要があるのです。

賃貸物件の種類情報